2015年4月11日土曜日

ニューアルバム リリース ライブ

おおはた雄一とtico moonの東北ツアー
「There Will Be Happy Meeting!」


日時】
2015年6月20日(土)
開場18:00 開演18:30

【場所】
SPACE DENEGA 036-8013 青森県弘前市上瓦ケ町11-2 0172-32-1794

【チケット】
前売3,500円 当日4,000円
※1ドリンク代別途必要

【企画協力】
ASYLUM

【問合せ・チケット予約】
デネガ企画
tel 0172-32-1794
fax 0172-32-1796


おおはた雄一 プロフィール http://www.yuichiohata.com
1975年茨城県生まれ。
ブルースやフォークミュージックをルーツとするシンガー・ソングライター、ギタリスト。音楽プロデューサー。2004年 1stアルバムを発表。現在までに、NY録音など含む、6枚のオリジナルアルバムをリリース。他にカバーやインスト盤、コラボレーションアルバム等も、7枚発表している。代表曲「おだやかな暮らし」は、クラムボンなど多くのアーティストにカバーされている。ライブでの自由なギター弾き語りは独特のリラックスした空気感を放ち、近年では、芳垣安洋(dr)・伊賀航(b)とのトリオも人気が高い。自身の活動に加え、映画音楽、楽曲提供(畠山美由紀、湯川潮音など)、CM音楽(永谷園あさげ など)やナレーション(ファブリーズスリープコレクション、BSフジ「まちのたね」など)、アルバム参加作品も多数(ハナレグミ、Superfly、安藤裕子 等々)。坂本美雨とのユニット「おお雨」でもライブやフェスに出演。2013年、福岡晃子(チャットモンチー)との新ユニット「くもゆき」の活動を開始し、2014年に1stアルバム「くもゆきのいろ」を発表。2015年、2年半ぶりの新作オリジナルアルバム「夜の歌が聴こえる」をリリースした。ジャンルの枠も国境も飄々と飛び越えて活動中。



おおはた雄一 / かすかな光


おおはた雄一 『夜の歌が聴こえる』 アルバム・ダイジェスト 






tico moon プロフィール http://www.ticomoon.com
2001年7月、ハープ奏者/吉野友加と、ギター奏者/影山敏彦によって結成されたデュオユニット。ハープとアコースティックギターという、他ではあまり聴く事の出来ない温かく透明感のあるその演奏や楽曲には定評があり、全国各地のカフェやギャラリー等でコンスタントに演奏活動を行っている。2003年10月、333DISCSからファーストアルバム『lento』をリリース。その後、オリジナルアルバム、クリスマスアルバム、ライブアルバム等の作品を発表している。2009年には、映像制作チーム「SOVAT THEATER」によるストップモーションアニメーション『電信柱エレミの恋』(第13回文化庁メディア芸術祭優秀賞、第64回毎日映画コンクール大藤信郎賞受賞)の音楽を全編担当。また他のミュージシャンからの信頼も厚く、遊佐未森、湯川潮音、空気公団、アン・サリー等、数多くのアルバムやコンサートに参加している。2013年11月、通算7枚目のアルバム『はじまりの鐘』をリリース。このアルバムではゲストミュージシャンに徳澤青弦(チェロ)、布施尚美(ヴォーカル)、伊藤ゴロー(ギター)を迎えレコーディング。初めて他の演奏家とコラボレーションした作品を発表し、更に表現の幅を広げている。


tico moon / Merry Christmas, Mr.Lawrence

2015年4月8日水曜日

LIVE!!

星巡り

live performance
AOKI,hayato と haruka nakamura
 
guest: 内田 輝(soprano saxophone)

いろのみ ( 柳平淳哉 + 磯部優 )



【日時】
2015年5月16日(土)
開場18:00 開演18:30

【場所】
SPACE DENEGA GALLERY 弘前市上瓦ケ町11-2 0172-32-1794

【チケット】
前売3,500円 当日4,000円(共に税込)

【予約・問合せ】
THE STABLES ステーブルズ
〒036-8001 青森県弘前市代官町14-2 0172-33-9225
http://thestables.jp/
THE STABLES 予約ページ http://thestables.jp/hoshimeguri/



AOKI, hayato と haruka nakamura プロフィール
2012年春、CDショップ「雨と休日」3周年演奏会で出会い、結成されたデュオ。ギターとギター、ときに鍵盤楽器などを織り交ぜ、交叉する旋律と音響の旅路。2014年秋に1stアルバム"FOLKLORE"をリリース








AOKI, hayato と haruka nakamura 「days」



いろのみ プロフィール 
http://ironomi.com/
柳平淳哉(Piano)と磯部優(Laptop, Guitar)によるユニット。
ピアノとギター、そして有機的なエレクトロニクスによって
「季節のさまざまな色の実を鳴らす」ことをコンセプトに活動する。
京都の法然院や鳴子温泉郷など名所旧跡での異色のライブパフォーマンスや、「デザイン物産展ニッポン」の会場BGM、WWFのキャンペーンサイト「北の果 ての物語」のテーマ曲、Mozilla Firefox 4 プレリリースキャンペーン「Virtual Park Tumucumaque (トゥムクマケ)」のBGMを担当。
「ナガオカケンメイD勉強の会」にライブゲストとして出演や、SWITCH企画「読書のための音楽」にて写真家 小林紀晴と共演する。
4thアルバム「ubusuna」がタワーレコードのNewAgeランキングでチャート1位を獲得。
2010年5月に5thアルバム「ZONE」をSTARNET MUZIKよりリリース。
そして2010年11月Kitchen.より6thアルバム「sketch」をリリース。
 

ironomi live - 2010.11.26「harmonie du soir」sonorium (Tokyo)



内田 輝 プロフィール http://baroquevoice.tumblr.com/
洗足音楽大学卒業後、欧州を旅しPARIS に滞在。
帰国後、芸術家達の交流を目的として、[baroque voice] を企画運営する。
2010年 [baroque voice] が文化庁芸術祭、認定公演となる。
2011年 横浜にstudio & gallery [studio baroque voice] をオープン。
音楽家としては、作曲家、sax 奏者、14世紀に考案された楽器 clavichord 奏者として古楽器と現代楽器の精神性を踏まえながらの演奏をしている。
ピアノ調律師、録音技師、音楽会のディレクションなど、活動は多岐に渡る。 


AOKI,hayatoとharuka nakamura x akira uchida「終わりと始まり」

 

2015年4月6日月曜日

サンフランシスコへ…

WORKING CLASS OF FRISCO

かつて、米カウンターカルチャーの舞台であり続けたサンフランシスコ。
それがいつしか、ITバブルがもたらした投資目的による地価の高騰化は、結果、現代のそれらを担う者達の多くが、この地を離れるきっかけをも作りました。
しかし、その渦中でもローカルであり続け、2000年以降になっても新しいカウンターカルチャーの潮流を生み出す “Working class of Frisco” の姿がそこにはあったのです。


Painting
MASAYOSHI SUZUKI http://www.masayoshisuzuki.com
2月末、No.12 Galleryでの初個展の記憶も新しい中、今回のテーマ用に、全て描き下ろした作品の展示・販売に兼ね合わせ、活版印刷のワークショップ用にも、新たに描き下ろしました。

Coffee
SMITH http://www.uchu-nippon.com/shop/smith
焼き菓子をメインに扱う“SMITH”が芝生の中庭で特別にオープン。 このイベントに合わせて特別メニューを考案しています。 また、この会期中には、サンフランシスコから取り寄せをした Four Barrel Coffeeなどのコーヒー豆を使用してドリップコーヒーをご用意。 桜が満開の気持ち良い季節、ぜひお立ち寄りくださいませ。

Letter Press
SUNDAY SEASIDE Letterpress & Design http://sundayseaside.com
SUNDAYSEASIDEは島村鈴香によるデザインプロジェクト。 今回はMASAYOSHI SUZUKIのアートワークをプリントするワークショップを行います。SUNDAYSEASIDEで現役で使用している手動式の活版印刷機を会場に設置 し、一枚一枚印刷していきます。デジタルでは味わえない感覚を、この機会にご体感あれ。 ※ワークショップは予約制(25名様限定)
 

Messenger bags
SLOWPOKE http://slowpoke-jp.tumblr.com
エリック・ゾーを起源とするハンドメイドメッセンジャーバッグ。 現在も使用中の私物(!)と、かつて購入して頂いた友人らから掻き集めたバッグ(!!)を通じて、メッセンジャーバッグとともに歩んできたと言っても過言 ではないslowpokeが見てきた現地の約15年を振り返ります。そして、その進化していく機能性とともに、それらの背景に潜むカルチャーを…(感じ ろ!)

【日時】
2015年4月29日(水)〜5月2日(土)
AM11:00 - PM8:00

【場所】
SPACE DENEGA GALLERY 弘前市上瓦ケ町11-2 0172-32-1794



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ワークショップ
“The CQ Carta” WORKSHOP
サンフランシスコをキーワードに独断と偏見により選別したAtoZを“The CQ Carta”(ザ・シーキュー[seek you]カルタ)と称し、ローマ字AからZまでの26文字とイラストをワンセットとしたカードをご自身でお作りできるワークショップを開催します。1人1文字を選び、レクチャーを受けながら活版印刷機を使って印刷していきます。会期最終日に参加した方々が刷り上げたAからZまでのカードそれぞれをセットにしてお持ち帰りいただけます(ご郵送も可能です)。
25名様限定、希望アルファベットは先着順の為、お早めにお問い合わせください。
【日時】
会期中随時(4月29日(水)〜5月2日(土)AM11:00 - PM8:00
【所要時間】
お一人様 約1時間(グループでの参加はご相談ください)
【参加費】
2,000円(ワークショップ参加費、The CQ Carta持ち帰り費込み)
※当日、会場にてご精算いたします。
【ご予約・お問合せ】
mail:info@sundayseaside.com
tel:0172-32-7426(slowpoke)
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆